CDAファイルをMP3形式に変換する方法【Windows編】

この記事は「.cda」という拡張子のファイルをMP3形式に変換する方法について書いてます。

CDを買ってPCからスマホに音楽データを入れたいというような場合にCDAファイルを入れても音楽を聴くことができません。

ファイルのサイズを見ると1KBとなっています。

このCDAファイルはCDの音声トラック情報が記述されているファイルで、これ自体に音楽データは入っていないのです。

CDAファイルをMP3形式に変換する方法

それでは、CDAファイルをMP3に変換する方法について解説します。

①Windows Media Playerを開く

左下のウィンドウズマークをクリックし、「Windows Media Player」と入力して、ソフトを開きましょう。

「windows media」くらいでソフトのアイコンが表示されると思うのでクリックしてください。

②CDを入れる

MP3形式に変換したい音源(CD)を入れてください。

Windows Media Playerの左側のメニューに、自動的にCDの情報が表示されます。

③MP3形式に変換する設定をする

「取り込みの設定(E)」から「その他のオプション(O)」をクリックしてください。

取り込みの設定の「形式(F)」から「MP3」を選択して「適用」をクリックしてください。

④MP3形式で取り込む

「CDの取り込み(I)」をクリックしてください。

上から順にMP3形式でPCに取り込んでいきます。

緑色のバーが取り込み状況を示しています。

⑤MP3形式のファイルを確認する

MP3に変換された音楽データは、特別な設定をしていなければ、ユーザーフォルダの「ミュージック」の中にあると思います。

以上、CDAファイルをMP3形式に変換する方法でした。