コーディング用にBrilliance328P(31.5インチ)を買った感想

この記事は、コーディング用にフィリップスのBrilliance328P(31.5インチ)を買った感想について書いてます。

コーディングは、エディター・ブラウザ・アドビソフトなど、色々と開かなければならないので、モニターは大きい方が何かと便利ですよね。

とはいえ、僕はデザイナーではないので、そこまで高品質なモニターを求めてないので、お手頃なモニターとしてBrilliance328Pに決めました。

これまで使っていた外部モニターNECのAS223WM(21.5インチ)と、フィリップスのBrilliance328P(31.5インチ)の比較も書いてるので参考にしていただけるとです。

コーディング用にBrilliance328P(31.5インチ)を買った感想

フィリップスBrilliance328P(31.5インチ)を実際に使ってみた感想としては、やや満足という感じです。

5段階でいったら4くらい。

Brilliance328Pの良かった点

Brilliance328Pの良かった点は以下の2つです。

  • 価格
  • 画面が回転する

価格

まずは単純に価格です。
違うメーカーで同じくらいの価格のもあるので、Brilliance328Pだからというわけではないですが…。

ただ、同じサイズでも高品質なものだと15万~30万くらいするものまでありますからね。

コーディングをする分には、ブラウザとカンプファイルを横並びにできるし、ほかにもいろいろ開いても重なりが少ないので快適です。

画面回転

あとは画面回転することですね。

デスクの幅が狭い場合などは、画面を縦にできるので便利です。

といっても、僕は横で使っていますが。

Brilliance328Pの良くなかった点

Brilliance328Pの良くなかった点は以下の2つです。

  • 色味
  • ケーブルの差込口の位置

色味

色味がやや黄色が強いかなーという感じです。(僕が使用しているノートパソコンと比べて)

Brilliance328Pのモニター単体で見る分には問題ないですが、僕の場合は外部モニターの下にノートパソコンを置いて作業しているので、色味の違いが少し気になりました。

対処法として「OK」→「色」→「色温度」と進んで、色温度を調整しました。

僕は一番高い11500Kにしてます。

ケーブルの差込口の位置

あとはHDMIケーブルやオーディオジャックの差込口が下向きになっているところです。

2,3度、重力?で、オーディオジャックが下に下がってきて”ジー”というノイズが発生しました。

31.5インチのモニターと21.5インチのモニターの比較

次にモニターのサイズ感がわかるように、以前使っていたNECのAS223WM(21.5インチ)のモニターと、現在使っているBrilliance328P(31.5インチ)の違いを画像であげておきます。

NECのAS223WM(21.5インチ)

こんな感じです。

ノートパソコンは15.6インチです。

エディターやブラウザなど開くとこんな感じです。

検証ツールとか開いてもかぶさっちゃいますね…。

Brilliance328P(31.5インチ)

そして、こちらがBrilliance328Pです!

31.5インチあるとだいぶ違いますね。15.6インチのノートパソコンが小さく見えるくらいです。

こちらも、エディターやブラウザなど開いたところをのせておきます。

コーディングするのに十分な余裕がありますね!

WEB制作をするなら31.5インチ以上のモニターがおすすめ

ということで、フィリップスBrilliance328P(31.5インチ)を買った感想や21.5インチのモニターとの比較でした。

コーディングをする人はぜひ、大きいモニターで快適な作業を!

あと、今はamazonとかで買う人が多いかもですが、毎日使うのであれば、電気屋さんに行って直接見比べることをお勧めします。