Twitterが勝手に英語とかアラビア語になった時の対処法

雑記

この記事は「Twitterを開いたら外国語になっちゃったよ」という時の対処法を記載しています。

はじめてこの現象がおきた時は驚きましたが、度々同じようなことがあったので記事にしました。

以下、対処法について解説していきます。

Twitterが勝手に外国語になった時の対処の仕方

対処する手順は2つあります。

  • 外国語表記のまま設定から日本語に直す
  • URLから一時的に日本語に戻してから設定をいじる

一つずつ紹介します。

外国語表記のまま設定から日本語に直す

①メニューをひらく

この赤枠のところです。英語は「More」と書かれています。

ここから各設定ができます。

②設定をひらく

歯車マークのところをクリックしましょう。

③言語設定を選択する

赤枠のところで言語選択ができます。

英語は「Language」なのでわかりやすいですね。

④日本語を選択する

言語設定をクリックすると、言語選択フォームが出てくるので、そこから日本語を選びましょう。

最後に青いボタン押して完了してください。

URLから一時的に日本語にしてから設定する

ホーム画面はたぶん画像の上のようなURLじゃないでしょうか?

もしかしたら「home」は付いてないかも。

で、画像の下のように「?lang=ja」を記入してページを更新しましょう。

これで日本語表記になっているはずです。

ただ、このままだとページを閉じるとまた外国語表記になってしまうので、日本語表記のうちに設定から言語設定を日本語にしましょう。

※設定上は日本語になっていますので、一度違う言語を選択してから、もう一度”日本語”に設定するようにしてください。

以上です!

  • HOME
  • 雑記
  • Twitterが勝手に英語とかアラビア語になった時の対処法