動画の再生速度を変更できるVideo Speed Controllerの使い方【Chrome拡張機能】

この記事は以下の方に役立ちます。

    • 忙しくて動画をみる時間が取れない
    • 見たいアニメやドラマがたまっている

この記事で紹介するChromeの拡張ツール「Video Speed Controller」は、動画の再生速度を0.1倍~16倍まで変更できます。

動画の再生速度を変更できるVideo Speed Controller

制作者は@igrigorikという方です。

chromeウェブストアから入手できます。

実際に自分で利用してみたサービス (2019/06/26現在)

    • YouTube
    • Netflix
    • ニコニコ動画

※ニコニコは後述するマウスクリックでの変更はできませんでした。

Video Speed Controllerの使い方

①chromeウェブストアから入手

Chromeウェブストアから入手します。
Video Speed Controllerはこちら

②Settingsで設定を確認する

chrome拡張機能一覧からVideo Speed Controllerのアイコンをクリックします。

「Settings」をクリックして、ショートカットキーと数値を確認します。キーと数値は変更できます。

③動画を流しているブラウザのタブをアクティブにする

あとは、先ほど確認したショートカットキーをおせばその通りに動作します。

また、再生速度を表示しているところにカーソルをあてると、クリックで変更することもできます。

動画を倍速でみるメリット

①時間を短縮できる

そのままですが、1日の時間は限られています。

たとえばアニメを1シーズン(24分×12話)見ようと思うと、通常の速度の場合約4.8時間かかってしまいますが、2倍速なら2.4時間、3倍速なら1.6時間です。

2倍速以上なら映画1本分くらいの時間で見切ることができます。

②繰り返し学習のストレス軽減

知識をしっかりと自分のものにするために、繰り返し同じ動画を見ることがあると思います。

しかし、一度聞いたものはある程度理解しやすくなっていますよね。最初から最後までじっくり聞きたいという場合でなければさっさと見切ってしまった方がよいです。

動画は3倍速くらいまではすぐに慣れます。
時間を有効活用するのに、使ってみてください。