Visual Studio Code とは何か【基本的な機能の解説】

ソフトウェア

この記事はVisual Studio Codeの解説記事です。

Visual Studio Codeとは何か?ということと、どのような機能が備わっているかを紹介しています。

Visual Studio Codeとは何か

Visual Studio Codeは、Windowsでおなじみのマイクロソフトが開発したソースコードエディタです。

よくVSCode(VSコード)と略されます。

Visual Studio Codeのダウンロードページはこちらから
VSCode公式ページ

エディターとはファイルなどを“編集する事ができる”ソフトウェアです。
なので、VSCodeはソースコード(HTMLファイルとかプログラム)を編集できるソフトウェアです。

WEBサイトとか作るときに使います。

VSCodeでできること

ここでは簡単にVSCodeにはどんな機能があるかを簡単に解説します。

シンタックスハイライト

シンタックスハイライトとは、コードの色がそのコードの特色によって色を自動的に変えてくれる機能です。

↑こんな感じのやつです。

こうすると「これはただの文字列だ」「これは関数だ」というのが一目でわかりやすくなります。

入力補完

関数や自分で設定した変数とか入力候補として出てきます。

複数でてきたらカーソルで選択するか、上下で選択してtabキーを押すだけ。

デバック

書いたコードが正しく実行されるか簡単にテストできます。

詳しい使い方を書くと長くなってしまうので別の機会にm(__)m

拡張機能

デフォルトの状態でも僕は十分使いやすいと感じているのですが、より使いやすく、便利にしてくれるための機能を追加していくことができます。

VSCodeのおすすめ拡張機能については以下の記事を参考にしてください。

Visual Studio Codeのおすすめ拡張機能

この記事をみてVSCodeを使ってみようかな!

と思った方はこちらの記事でインストールの仕方を解説していますので参考にしてください。

Visual Studio Codeのインストール方法【Windows】

以上です。

コードエディターを何にしようか悩んでいる方は、ぜひVSCodeを試してみてください。