WordPressでブログを始めるメリットとデメリット

WordPressは他のブログサービスと違い、自分でサーバーを契約して、ドメインを取得しなければなりません。

それでもWordPressを使うメリットはどこにあるのか?そしてWordPressのデメリットは何か?をまとめてみました。

ちなみにこのブログはWordPress使ってます( ˙-˙ )

WordPressを利用するメリット

WordPressを利用するメリットは大きく分けるとこちらです。

  • オシャレなテーマがたくさん
  • 便利なプラグインが豊富
  • SEO対策がしやすい
  • 勝手に広告が入らない
  • 利用規約にしばられない
  • WordPressの情報がたくさんある

では、これについて一つずつ解説します。

オシャレなテーマがたくさんあるので自分好みのデザインができる

テーマとはWordPressでブログやWEBサイトと作る時に全体の構成を作る部分です。

テーマの中でサイドバーをつけたり外したりといったカスタムもできますが、全体の色使いやフォントなどの「テーマ」としての統一感がそれぞれあります。

たとえば

・写真を多用したデザイン性の高いブログにしたい
・ニュース記事をメインにしたカッチリしたデザインにしたい

など、自分が作りたいブログやサイトにピッタリのテーマが見つかりやすいです。

ちなみにこのテーマは自作してます。

ブログの運営が便利になるプラグインを導入できる

プラグインとは、WordPressの機能を拡張させる機能です。

プラグインを導入することで、

・記事の執筆がしやすくなる
・お問い合わせフォームが簡単につくれる
・自動でバックアップが設定できる

など、ブログを運営するうえで数えきれないほどの便利なプログラムがあります。

そして、ほとんどが無料で利用することができます。

テーマやプラグインを利用したSEO対策がしやすい

テーマによってはコードなど内部対策などSEO対策をしてくれているものも多くあります。

アフェリエイトとかやるなら

あたりがよく使われているみたいです。

ちなみに、大切なのはテーマのSEO対策よりも「良い記事を書くこと」です!

無料ブログサービスでありがちな広告が入らない

無料のブログサービスでは、自動的に広告が入ってしまう事があります。

これは、ブログサービスを提供している企業が、そこからの広告収益が入るという理由で、無料でサービスを提供していたりもします。

趣味のブログで、広告が入っていても気にならないという方であれば無料ブログサービスもありです。

企業のブログサービスを利用する場合は利用規約をまもらなければならない

ここが一番のポイントです。

企業のブログサービスを理由する場合、必ずその企業の「利用規約」をまもらなければなりません。

最悪の場合、突然これまで書いた記事が消去されたという事もあるようです。

企業のブログサービスはあくまで、その企業のうえで成り立っていることを忘れないようにしましょう。

わからないことがあってもネット上にWordPressの情報がたくさんある

WordPressを使っていて困ったことがあればすぐにググりましょう。

ほとんどの悩みやすぐに解決できます。

なぜなら、世界のウェブサイトの30%はWordPressで作られているからです。

4人に1人はWordPressです。

WordPressを利用するデメリット

WordPressを利用するデメリットは大きく分けるとこちらです。

  • サーバーを用意しならない
  • ドメインを取得しなければならない
  • セキュリティに気をつけなければならない
  • バージョンの管理が必要
  • HTMLやCSSの知識があった方がよい

では、今度はデメリットについて一つずつ見ていきましょう。

サーバーを自分で構築or借りるなどして用意しなければならない

WordPressはブログやウェブサイトを構築するためのソフトウェアです。

ですので、企業のブログサービスと違い、自分でそのソフトウェアを置く場所を用意しなければなりません。

とはいえ、ネット上に公開するサーバーを自分で組み立てるには知識もお金も必要です。

そこで利用するのがレンタルサーバーです。 レンタルサーバーには無料で利用できるもの、有料のものがあります。

WordPress.com(無料~)

これはWordPress用のレンタルサーバーですが、無料プランは容量が3GB、広告が表示されます。お試しで初めて見るにはよいと思います。

XFREE(無料)

容量は2GBで、スマホのみ広告が表示されるようです。(PCでは広告は表示されない)

エックスサーバー

このブログはエックスサーバーを利用しています。
WordPressを簡単にインストールできる設定が付いているので、はじめてでも簡単にブログを作成することができました。
また、現在エックスサーバーを契約すると、この後に説明する「ドメイン」が一つ無料で利用できます!

LOLIPOP!

とにかく安いです。しかし、利用者も多く安心して使えるサーバーです!

オリジナルのドメインを取得しなければならない

○○.comや○○.netなどです。

これは世界に一つの自分のブログの住所になるものです。

レンタルサーバーを借りる場合、無料でドメインが付いてくることもありますが、これはこれはあくまで借り物です。

もし他のサーバーに引っ越しをする時に面倒になるので、独自ドメインを取得することをおすすめします。

ドメインの取得は

お名前.com

ここで取得される方が多いのではないでしょうか。

補足として、お名前.comでもレンタルサーバーはありますがあまり評判をきかなかったので、レンタルサーバーは先述のエックスサーバーかLOLIPOP!の方がおすすめです。

エックスドメイン

エックスサーバーのサービスで、ドメインが取得できます。お名前.comと比べると若干高いです。

「.com」がお名前.comは760円~、エックスドメインは1,180円~なので年間で500円くらいの差があります。 ただ、ドメインとサーバーを同じ企業で利用すると管理も設定も楽になります。

セキュリティに気をつけなければならない

先述のとおり、WordPressは世界での利用率30%です。

多くの人が使っているということは、それだけ攻撃の対象にされやすいです。WordPressのアカウントだけではなく、プラグインの脆弱性を狙った攻撃もあります。

プラグインの更新や、使っていないプラグインは削除するなど、マメなチェックが必要です。

バージョン管理が必要

2018年12月にWordPressのバージョンが5.0にアップしました。

これによってエディタが使いにくいという意見が多くみられましたが、それ以外にも、テーマの設定が反映されないなどの問題も起こりました。

WordPress、テーマ、プラグインとそれぞれのバージョンが合わないとうまく機能しないことがあったりするので、バージョンアップの前に事前に調査することも大切です。

ブログをカスタムするにはHTMLやCSSの知識があった方がよい

WordPressでデザインや構成を変更するなら、HTMLやCSSの知識があった方がよいです。

なぜなら、いくらカスタマイズがコピペで済んだとしても「このコードを入れるとこう変わる」という仕組みがまったくわかっていないと、応用が利かないし、もしどこかに不具合がでても調べる事ができないからです。

もしCSSにコードを追記したりする場合は、「はじめてのCSS」みたいな超基本的な部分だけでも目を通すことをお勧めします。

まとめ

こだわりたいならWordPressにしましょう。

レンタルサーバーの契約、ドメインの取得など初めての人は不安かもしれませんが、そこを乗り越えれば自由にブログを運営できます。