Adobe XDのショートカットキーまとめ【windows用】

この記事は、Adobe XDでよく使うショートカットキーを一覧にまとめています。

日々使うソフトは、効率化を図ることで大きな時間の節約につながります。

ぜひ、Adobe XDでもショートカットキーを活用して効率的な作業をしましょう。

Adobe XDのショートカットキーまとめ

Adobe XDのショートカットキーはたくさんあるのですが、よく使うものとして以下の4つに分類できます。

  • ファイル操作
  • 基本操作
  • 画面操作
  • 要素の操作

それぞれ紹介していきますが、その前に一つ。

タイトルではwindows用と記載していますが、windowsの「Ctrl」をmacの「Cmd」に置き換えるとある程度のショートカットキーは利用できます。

ファイル操作

新規作成Ctrl + N
開くCtrl + O
コンピューターから開くCtrl + Shift +O
保存Ctrl + S
別名で保存Ctrl + Shift + S
ローカルドキュメントとして保存Ctrl + Shift + Alt + S
選択したオブジェクトの書き出しCtrl + E
読み込みCtrl + Shift + I

ファイル操作はAdobe XDのソフトを利用するなら必ず使用するものなので覚えておくとよいと思います。

特に、コーディングで画像を書き出す時は「Ctrl + E」のショートカットキーがかなり便利です。

基本操作①

コピーCtrl + C
カットCtrl + X
ペーストCtrl + V
複製Ctrl + D
削除delete
すべてを選択Ctrl + A
すべての選択を解除Ctrl + Shift + A
操作の取り消しCtrl + Z

基本操作の1つ目です。

これはAdobe XDにか限らず、多くのソフトウェアで使用されるコマンドかと思います。

参考までに掲載しました。

基本操作②(ツールの切り替え)

選択V
長方形R
楕円形E
多角形Y
L
ペンP
テキストT
アートボードA
ズームZ

こちらがAdobe XDとしての基本操作になります。

XDを開くと左側にメニューがありますが、直接クリックしなくでも、上記のショートカットキーを入力することで簡単に切り替えることができます。

選択モードの場合、テキストを操作する時にダブルクリックしなければなりませんが、「t」でテキストモードにしておけば選択が楽になります。

画面操作

ズームインCtrl + Shift +  +(プラス)
ズームアウトCtrl + -(マイナス)
全体に合わせるCtrl + 0
等倍表示Ctrl + 1
2倍表示Ctrl + 2
選択範囲に合わせるCtrl + 3

これはAdobe XDの画面に関する操作のショートカットキーです。

なかなか便利です。

要素の操作①

上揃えCtrl + Shift + ↑
右揃えCtrl + Shift + →
下揃えCtrl + Shift + ↓
左揃えCtrl + Shift + ←
水平方向に中央揃えShift + C
垂直方向に中央揃えShift + M

これは表記の通り、要素の整列に関するショートカットキーです。

要素の操作②

ロック&解除Ctrl + L
表示&非表示Ctrl + ,(コンマ)
前面に移動Ctrl + ]
最前面に移動Ctrl + Shift + ]
背面に移動Ctrl + [
最背面に移動Ctrl + Shift + [
グループ化Ctrl + G
グループ化解除Ctrl + Shift + G
シェイプでマスクCtrl + Shift + M
マスクグループを解除Ctrl + Shift + G

こちらも要素に関するショートカットキーです。

グループ化やシェイプでマスクは、ショートカットキーを押すまでに2つ以上の要素を選択しておかなければなりません。

具体的には、1つの要素をクリックした後、シフトを押しながらもう一つの要素をクリックするのですが、やや慣れが必要かと思います。

シェイプでマスクに関しては以下の記事で詳しい解説をしているのでよかったら参考にしてください。

Adobe XDで画像をトリミングする方法

以上、Adobe XDでよく使うショートカットキー一覧の紹介でした。