LINEで自動的にメッセージを定期送信する方法【LINE Notify, Google Apps Script】

この記事は、Google Apps Script を利用して、LINEに定期的にメッセージを送信する方法を記載しています。

LINE Notifyでの設定

LINE Notifyのサイトは下記から。
LINE Notify→ https://notify-bot.line.me/ja/

①LINE Notifyにログインする

line-notify-gas-image2

サイトの右上「ログイン」から、自分のLINEアカウントを入力してログインしてください。

②マイページを開く

line-notify-gas-image3

ログイン後、アカウント名をクリックし「マイページ」を開きます。

③アクセストークンを発行する

line-notify-gas-image4

「アクセストークンの発行(開発者向け)」から「トークンを発行する」をクリックします。

line-notify-gas-image6

「トークン名」は投稿内容の最初に[ ]付きで表示されます。通知内容がわかるタイトルを記入するのがよいです。

「通知を送信するトークルーム」には、通知を送信したいグループを選択してください。

設定が完了したら「発行する」をクリックしてください。

赤字でトークンが表示されるので、このページをそのまま開いておくか、メモ帳などに張り付けてから閉じてください。

④投稿したいグループにLINE Notifyを追加する

LINEから投稿したいグループをを開き、「友達を招待」からLINE Notifyを友達に追加します。

LINE Notifyの設定は以上です。

Google Apps Scriptでコードを書く

①Googleドライブを開く

line-notify-gas-image9

まずGoogleドライブで、ファイルを置きたいフォルダを開きます。

※Google Apps Scriptはデフォルトアカウントでなければ利用できません。

Google Apps Scriptのファイルが保存されなかったり、「現在、ファイルを開くことができません。」と表示された場合は現在のGoogleアカウントを確認してください。

②Google Apps Scriptを追加する

「+新規」もしくは右クリックで「その他」→「+アプリを追加」をクリックします。

line-notify-gas-image12

Google Apps Scriptにカーソルを合わせて「接続」をクリックします。

③Google Apps Scriptを開く

line-notify-gas-image13

「+新規」もしくは右クリックで「その他」からGoogle Apps Scriptを開きます。

line-notify-gas-image14

開くとこのように表示されます。

④プロジェクト名を入力する

ドライブに表示されるGoogle Apps Scriptのファイル名を入力します。

⑤コードを記述する

上記のようなコードでLINE Notifyから投稿できるようになります。


function postContent() {
  var content = "★ここに投稿内容を入力してください。★";
  content += "\n\n★改行したい場合は「\\n」を記入してください。★"
  sendPostContent(content);
}

function sendPostContent(content) {
  var token = ['★LINE Notifyのトークンを張り付ける★'];
  var options = {
    "method": "post",
    "payload" : {"message": content },
    "headers": {"Authorization": "Bearer " + token}    
  };
  UrlFetchApp.fetch("https://notify-api.line.me/api/notify", options);
}

content=の後の★は投稿される内容を記入する箇所です。自由に変更してください。

token=の後の★はLINE Notifyで発行したトークンを張り付けてください。

⑥LINEに投稿されるか確認する

コードを実行してみましょう。

line-notify-gas-image17

「関数を選択」から今回のサンプルコードでいうと「postContent」を選択してください。

line-notify-gas-image18

関数を選択したら「▶」をクリックしてください。

line-notify-gas-image19

「承認が必用です」と表示されたら「許可を確認」をクリックして、アカウントを選択してください。

line-notify-gas-image20

その後「このアプリは確認されていません」と表示されたら、「詳細」をクリックします。

line-notify-gas-image21

「LINE定期通知(安全ではないページ)に移動」→「許可」の順にクリックしてください。

再度「▶」をクリックしてLINEの指定したグループに、投稿されたらOKです。

line-notify-gas-image22

⑦投稿されるタイミングの設定をする

最後に、どのタイミングで投稿されるようにするか設定します。

line-notify-gas-image23

時計のマークをクリックし、この画面を表示します。

line-notify-gas-image24

「新しいトリガーを作成する」をクリックします。

変更するのは以下の2か所です。

line-notify-gas-image25

「時間ベースのトリガーのタイプを選択」は分単位、時間単位、日単位…と選択することができます。

line-notify-gas-image26

特定の時間に通知したい場合は「日付ベースのタイマー」を設定します。

すると、一番下の設定項目が「時刻を選択」となるので、通知したい時間を設定してください。

line-notify-gas-image27

保存して、トリガーが追加されたら完了です。