ブラウザで仮想通貨のウォレットを増やす方法

ブロックチェーン

この記事では、ブラウザで仮想通貨のウォレットを増やす方法について書いています。

ここにたどり着いたということは、すでにウォレットを持っていると思うので、ウォレットの作成の仕方については割愛します。

ブラウザで仮想通貨のウォレットを増やす方法

ウォレットはアカウント(プロフィール)ごとに作成することができます。

なので、使用しているブラウザにアカウントを追加することで、そのアカウントの拡張機能としてウォレットを追加することができます。

ここでは以下の3つのブラウザで簡単にやり方を紹介します。

  • Google Chrome
  • Brave
  • Fire Fox

では1つずつ紹介します。

Google Chrome

以下の手順で行ってください。

①ブラウザの右上のアイコンをクリック

アカウントのアイコンがあるのでクリックしてください。

②「+追加」をクリック

一番下の「+追加する」をクリックしてください。

すでにアカウントが複数ある方は一覧で表示されます。

※作成したアカウントを削除したい場合は、「他のプロフィール」の歯車マークから行えます。

③プロフィールを追加する

すでに作成済みのGoogleアカウントがあり、それを使用する場合は「ログイン」。

Googleのアカウントは不要で、ウォレットだけ増やしたいという場合は「アカウントなしで続行」をクリックしてください。

名前を入力して「完了」をクリック。

すると作成したプロフィールでブラウザが開くので、そこでウォレットを作成してください。

Brave

Braveブラウザは広告費表示&使用してるとBraveトークンが獲得できるので、仮想通貨もってる人はこちらのブラウザ使ってる人も多そうですね。

では手順です。

①ブラウザの右上のメニューアイコンをクリック

三本線のところですね。

②「プロフィールを新規作成」をクリック

メニューの中段くらいにある「プロフィールを新規作成」をクリックしてください。

③プロフィールを追加する

名前を入力して「完了」をクリック。

ここはChromeと同じ感じですね。

2つ以上のプロフィールがある場合は、Chromeと同じような感じでプロフィールを追加できます。

なお、Braveブラウザにはデフォルトでウォレット機能がついています。(右上のお財布アイコン)

Fire Fox

公式から作成の仕方が投稿されているので、公式を参考にしてください。

手抜きっぽいですが…。

プロファイルマネージャーを使用して、Firefox のプロファイルを作成または削除する

以上です。

まとめ

今回紹介したのは以下の3つのブラウザです。

  • Google Chrome
  • Brave
  • Fire Fox

繰り返しになりますが、1つのウォレットですべて対応するのはリスクが上がります。

ウォレットを使い分ける&リカバリーフレーズはしっかりと保存するようにしましょう。