Revoke(リボーク)のやり方

ブロックチェーン

この記事は、ウォレットで承認した権限を解除するリボークのやり方について書いています。

ちょっと手間ではありますが、大事な資産を守るためにも気を付けたいポイントなので、定期的にチェックして整理することを心がけたいですね。

Revoke(リボーク)のやり方

さまざまなサービスがありますが、今回は以下2点を紹介します。

  • ブロックチェーンエクスプローラーを使用する
  • Revoke.cashを使用する

どちらも簡単なので、両方みて好きな方でどうぞ。

ブロックチェーンエクスプローラーでリボークする

これは各チェーンごとに行わなければなりませんが、普段から利用するサービスだと思うので、まずこちらから。

今回の例ではethチェーンで行いますが、他のチェーンでもほぼ同じです。

①Etherscanを開く

Etherscanは以下のリンクから。

Etherscan

②Token Approvalsに移動

「More」にカーソルを合わせ「Token Approvals」をクリック。

③ウォレットアドレスを入力

「Search by Address or ENS」と書かれたフォームにウォレットアドレスを入力して虫眼鏡ボタンをクリック。

④ウォレットを接続する

「Connect to Web3」をクリックしてウォレットを接続

「ネットワークを切り替える」とでたら、切り替えてください。

ウォレットが別のチェーンを選択している場合にそうなります。

⑤「Revoke」をクリック

ここではブロックチェーンにリボークしたことを記録するためにガス代がかかります。

もしウォレットを接続してチェーンもあっているのに「止まれマーク」みたいなのがでたら、リロードして再度ウォレット接続してみてください。

Revoke.cashでリボークする

ここでは、複数チェーンのリボークができるサービス「Revoke.cash」について解説します。

①Revoke.cashを開く

Revoke.cashは以下のリンクから。

Revoke.cash

②ウォレットを接続する

「Connect Wallet」から接続してください。

③「Revoke」をクリック

前述の通り、ここではガス代がかかります。

チェーンを切り替える

画像の場所(イーサリアムのロゴ )をクリックしてください。

複数のチェーンから希望するものを選択できます。

まとめ

今回紹介したのは以下の2つのやり方です。

  • ブロックチェーンエクスプローラーを使用する
  • Revoke.cashを使用する

定期的なチェックを忘れないようにしましょう。

以上、リボークのやり方でした!