【私的】おすすめNFTマーケットプレイス

ブロックチェーン

この記事は僕が個人的におすすめなNFTマーケットの紹介記事です。

ユーティリティよりも可愛さ重視で、気に入ったイラストがあればお迎えしたりしてるのですが、いくつかよく見に行くマーケットがあるので紹介してみようかなーと思います。

おすすめNFTマーケットプレイス

おすすめのNFTマーケットはこちら。

  • OpenSea
  • Foundation
  • ANIFTY

1つずつ、ほんとに簡単にですが紹介します。

OpenSea

皆さんご存じだと思いますが、世界最大規模のNFTマーケットです。

対応チェーン、あたらめてみたらけっこうあるんですね。

  • Arbitrum
  • Avalanche
  • Ethereum
  • Klaytn
  • Optimism
  • Polygon
  • Solana

僕が一番利用しているところです。

OpenSea

Foundation

Foundationはアートに特化したNFTマーケットです。

クリエイター登録が招待制になっていたり、最低価格が0.1ETHだったりと質の高さが保たれる仕様になっています。

トップページを見ると、僕にはちょっと敷居が高いなと感じます。

Foundation

ANIFTY

アニメとNFTを組み合わせて「ANIFTY」という名前にしたそうです。

クリーク・アンド・リバー社のグループ会社ということで、日本発のマーケットです。

日本語対応で、クリエイター支援を重要しているので、「NFTに興味があるけどちょっと難しそう」というクリエイターさんはこちらを活用してみてもよいかもです。

クリエイターは登録制で、人気のクリエイターさんも多く登録されていて、作品はざっと見て9割くらいが女の子のイラストです。

ANIFTY

可愛いイラストのNFTの探し方

OpenSeaやFoundationはさまざまなテイストのコレクションがあって、トップページから探すのはなかなか難しいと思います。

そこで、簡単ですが、僕の探し方を一つ紹介しておきます。

以下、OpenSeaの場合です。

1.最初の1つ目を見つける

といっても、最初の1つが見つからないという人もいるかもなので、僕の保有しているコレクションから3つ紹介します。

2ー1.保有者のNFTを見る

NFTの詳細ページをみると「Owned by 〇〇」と記載されていると思います。

こちらのリンクから、保有者のNFTの一覧を見る事ができます。

けっこう似たようなNFTを保有していることがあるので、自分の好みのNFTがあったら何人か調べてみると、他にも気に入るコレクションがみつかるかもしれません。

2-2.クリエイターのコレクション一覧を見る

同じく、NFTの詳細ページをみると”Description”という項目があり、その下に「By ○○」と記載されています。

こちらのリンクからクリエイターのコレクション一覧を見ることができます。

あとがき

ざっくりですが、僕がよく見るマーケットの紹介でした。

ちなみに、この記事を書いてるときにふと「NFTマーケットでどれくらいあるんだろう」と改めて調べてみたんですが、法定通貨で購入できるマーケットもけっこうありますね。

そういえば以前、「ブロックチェーンを意識しなくてもよくならないと一般には普及しない」なんてコメントを見たことがあります。

ちなみに、楽天NFTは楽天グループでしか使われていないプライベートチェーンで、NFTは日本円で売買。

これはこれでどうなんでしょ…。